イベント開催報告 20130531-5

Published on 6月 1st, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年5月31日 サイエンスらいおんカフェ第5回(飯郷雅之さん)

▼テーマ・・・「体内時計、魚の性格・・・分子生物学が切り拓く本能的脳機能研究の最前線」
 現在、宇都宮大学農学部で教授をされている飯郷さん。 昨年度行われた「サイエンスらいおん実践講座レポータコース」の記事作成クラスにて、最優秀作品となった記事の取材対象として下野新聞に掲載された縁で、今回の話題提供者としてお招きすることになりました。 体内時計、季節繁殖、回遊、性格関連遺伝子などがキーワード。本能的脳機能を制御する分子機構の解明を目指して研究を進めている飯郷さんの、研究者になるまでのエピソードや、栃木県で進めている最新の研究成果について紹介します。 あなたはとちぎのために何ができるか?

▼話題提供者プロフィール
 宇都宮大学農学部応用生命化学科 教授 博士(農学)
1964年生.東京都生まれ,千葉県育ち。子供の頃から虫取り,魚釣り,登山にいそしんでいた飯郷教授の夢は南極に行くことでした。南極に行くためにはオキアミの研究をすれば良いと考え東京大学農学部水産学科に入学。3年生の「魚類解剖学」の初回の講義に感銘を受け,回遊を制御するホルモンの研究の道へ!!

1983年 千葉県立千葉高等学校卒業
1985年 東京大学理科II類入学
1989年 東京大学農学部水産学科卒業
1991年 東京大学大学院農学研究科修士課程水産学専攻修了
1991年 聖マリアンナ医科大学助手 医学部
1999年 平成10年度日本水産学会奨励賞受賞
2000年 聖マリアンナ医科大学講師 医学部
2002年 宇都宮大学助教授 農学部
2004年 宇都宮大学准教授 農学部
2013年 宇都宮大学教授 農学部

ウェブサイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/chemj/seimei_hp/p_iigo.html

▼日時・会場:5月31日(金)18:30-21:00 コワーキングスペースHOTTAN
▼参加者:10名

■学外での開催
今回のサイエンスらいおんカフェは学外開催第2!!宇都宮病院から徒歩3分の立地にある1Fにカフェが併設されたコアワーキングスペースHOTTAN
新しい働き方をする人のためのコワーキングスペース。仕事場を共有し、コミュニケーションを取ることで、お互いに持っている技術や知識をシェア出来ることが特徴です。今回はこちらのスペースをイベント会場として利用させて頂きました。
20130531-2 IMG_2860

■飯郷さん 現在はふくろうの生体についても調査中とのこと
20130531-3

■学生時代のお話
学生時代に感銘を受けた恩師のお話から、飯郷さんの学生時代の成績表まで拝見させて頂き、和やかなムードで進行して頂きました。
IMG_2844  image

■自身の研究について
卒業論文のテーマ「魚類の定時産卵現象を制御する体内時計について」、「アユの行動を支配する本能的脳機能の分子生物学」など順を追って次々とエピソードが展開されます。魚にも性格があるなんてビックリでした。
20130531-5 20130531-2

■ディスカッションタイム
最後はディスカッションタイム。今回のお題は「あなたはとちぎのためにに何ができるか!?」。
IMG_2858  IMG_2861

■最後に・・・
今回も無事終了。下は小学生から、上は60代と、多彩な顔ぶれで和やかに過ごせました。飯郷さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    1月
    26
    2020
    15:00 サイエンスらいおんカフェ第85回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第85回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    1月 26 @ 15:00 – 16:30
    サイエンスらいおんカフェ第85回(村井邦彦さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■1月の話題提供者:村井 邦彦さん (村井クリニック院長/宇都宮市医師会 認知症・社会支援部 担当理事) サイエンスカフェ85チラシPDF ▼テーマ:社会的処方って何だろう~健康とまちづくり~ ▼1月26日(日)15:00-16:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス地域経済学科棟2F会議室 ※いつもの本部棟2号館とは違う建物となります。ご注意ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:15名 2020年、今年もとちぎサイエンスらいおんをどうぞよろしくお願いいたします。 さて、栃木県内の皆様、元旦の下野新聞をご覧になった方も多くいらっしゃるかと思います。 元旦の下野新聞一面に大きく掲載されていたのが、特集連載 「なぜ君は病に… 〜社会的処方 医師たちの挑戦〜」 の初回記事でした。 この連載では、宇都宮市医師会の「在宅医療・社会支援部」の活動を軸に、 社会的処方という新たな医師たちの挑戦を描く企画となっています。 今回のゲスト、村井邦彦さんはまさにこの組織の中心として活動されている医師です。 村井さんの記事も掲載されています。 医師活動の傍ら、年間を通して、社会的処方を実現できるまちづくりにも精力的な活動をされており、 来たる2/11には、自治医科大学で開催される「在宅ケアネットワーク栃木シンポジウム」の大会長もされております。 各地で講演などもされている村井さんには今回、カフェのゲストとして、 ・現在に至るまでの経緯 ・社会的処方ってどんなこと? ・医師会での活動 ・地域で守る健康づくりとは? などの内容をお話しいただいたり、質問をしたりできる場となる予定です。 普段は講演等でお話する場面が多いそうですが、 講演では聞けないようなこともざっくばらんに聞けたりするかもしれません。 久々の日曜カフェです。ぜひ奮ってご参加ください。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(1/25 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net
    3月
    29
    2020
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 29 @ 14:00 – 16:40
    とちぎサイエンスらいおん第8回公開シンポジウム「自動車の未来」 @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    事前申込は3/26 17:00で締め切りますが、当日参加も可能ですので、直接会場にご来場ください。 第8回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 例年の2月開催から3月末開催になりました。 今回は「自動車の未来」をテーマに、3名のご講演を予定しております。 今回もトークセッションを実施しない代わりに、終了後のロビーでの意見交換会(軽食付・どなたでも参加可能)でゲストや来場者とのトークが可能です。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2020年3月29日(日) 14:00~16:40 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「自動運転の課題とその取組み」 井上 秀明 氏(株式会社自研センター 取締役・技術調査部長) ▽ブレイクタイム ▽講演 「自動車の安全対策の状況」 牧田 匡史 氏(帝京大学 理工学部機械・精密システム工学科 講師) 「自動車の電動化について」 米川明之氏(株式会社 本田技術研究所 オートモービルセンター 主任研究員) ▽閉会挨拶 16:40 終了予定・意見交換会(登壇者・参加者と直接お話いただけます) ■お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月26日17時です。これ以降は申込は出来ませんが、当日直接参加も可能です。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net
    4月
    4
    2020
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    4月 4 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙テープの輪を切ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― いろいろな紙テープの輪を切ってみよう ―】 紙テープで作った「いろいろな輪を切る」ことは、小学校の教科書に「メビウスの輪」や「つないだ2つの輪」を切る問題が出ています。もっといろいろなつなぎ方をした紙テープの輪を切ってみたらどうなるでしょう? 算数では自分で考えて、その考えたことを試してみることによって楽しい体験をすることができます。今回は、図形の問題を考えますが、何ができるか,「自分で考えること」と「実際にやってみたこと」に違いがあるかもしれません。みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう. ■日 時 2020年4月4日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数・図形を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で15年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回は春休みの前になりましたが,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,教科書に出てくる「メビウスの帯」を取り上げ,その中にあるこの種の性質を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ